レーザー加工機編 LASER MACHINES

メカニーが販売するレーザー加工機のヒミツ

メカニーが販売するレーザー加工機のヒミツをご紹介します。

レーザー加工機のメンテナンス

メカニーが販売するレーザー加工機は、元メーカーエンジニアが整備・清掃してから納品していますので、すぐに良好な状態で使っていただけます。さらに、一台一台機械の状態を見極め、下記のような整備を行っています。

メンテナンス項目・現状のチェック

1. 発振器の状態チェック

発振器の出口にてモード採取
必要に応じて内部ミラークリーニング又はミラー交換
①モードチェック ②内部ミラー調整 ③発振器内部放電(エージング中)

2. モードが整えば、外部ミラークリーニング又はミラー交換

3. ヘッド下までのアライメント調整

発振器の出口にてモード採取
必要に応じて内部ミラークリーニング又はミラー交換
④内部アライメント調整 → 外部光路アライメント → ⑤ヘッド調整

テスト運転の実施

4. テストカット

必要に応じて加工レンズ交換、ノズル交換
良い状態まで調整&調整&調整
⑥レンズ交換 → ⑦テストカット

消耗品や部品等の交換

5. 加工機本体、付属機器の水配管の交換・清掃

6. 電源ユニットのエアブロー清掃

7. ボールネジの交換(必要な場合)

8-1. 真空ポンプオイル交換

8-2. ターボブロアオイル交換

8-3. フィルター交換

良好な状態で使っていただけるよう、しかも出来るだけリーズナブルな価格でご提供できるよう、1台1台、機械の状態を見極めながら作業を進めています。

レーザー加工機の試運転

お客様の加工予定材料を使ってのテストカットも承ります。実際に加工をご覧いただいた上で導入をご検討いただけます。CO2レーザーの切断面は、ファイバーレーザーの切断面より優れているといわれています。また、ファイバーレーザーでは加工できない樹脂系素材にも対応が可能です。お客様のご希望を是非お聞かせください。
※材料は御支給下さい。※機械のセットアップにお時間をいただく場合がございます。詳しくはご相談下さい。

メーカーのメンテ契約も斡旋

安心して使い続けていただけるよう、納品後のメーカーとのメンテナンス契約も斡旋いたします(一部メーカー)。詳しくは、営業担当者にご相談下さい。