購入事例 CASE STUDY

お客様の声:日田鉄工 様(シャーリング・セットプレスを導入)

購入事例/日田鉄工様

日田鉄工 様は、熊本県阿蘇市にて板金金物関係や畜産業で使用する器具などの設計から制作・修理・設置などを主として業務を行っている。2012年の九州北部豪雨で浸水被害に遭い、業務を続けることが難しい時期もあったが、現在では今まで以上に忙しい日々を過ごされている。仕事への考え方などについてお話をお聞きした。

制作事例(クリックで画像が拡大できます)

会社概要

Q.御社の概要についてお聞かせください。

A.父の時代に創業し、55年になります。私が仕事をし始めてから約40年が経ちました。畜産関係の設備を制作する単品の仕事が多く、設計から設置までを行っております。公共の仕事のご相談をいただくこともあります。

仕事への姿勢

Q.仕事において、最も大切にしていることは?

A.お客様第一の方針を持ち、ご希望を相談しながら実現していくことを基本のスタンスとしています。当初の要望では「これを作ってほしい」というお話が多いです。そこから「これを解決したい」「このようなことを行いたい」というようにお客様自身の中での課題が明確になり、その課題を解決するお手伝いをしていると思っています。 人がやらないところや、「日田さんなら何とかなるだろう」と感じてもらえるような仕事をしていきたいです。

Q.とても多くの技術系の資格をお持ちなのですね。

A.仕事に免許はいらないと思いますが、技量は自分が一番よく分かります。納品した製品はお客様にチェックしていただけますが、自分の技術の品質を資格試験などで定期的に試して確認するようにしています。

Q.どのような時に「金属は生き物だ」と感じられるのですか?

A.特に曲げる時、切断する時に感じます。今まで様々な金属の板を扱ってきましたが、同じように見える板でも少しずつ違うなと感じます。それぞれの板の特性を感じながら、素材と向き合い加工や工夫をしていくようにしています。

新規機械導入の契機

Q.もともと、弊社をお知りになったきっかけは?

A.もともと7~8年前に弊社の取引先でメカニーさんの名前を聞きました。さっそく連絡したところ、ちょうど吉田社長が九州におられ、タイミングもよかったこともあり弊社まで来ていただきました。それからのお付き合いになります。

Q.新しい機械を導入しようと思ったきっかけは?

A.最近では、平成24年7月12日の九州北部豪雨により工場自体が胸のあたりまで水に浸かってしまい、機械が使えなくなってしまいました。そのため、設備の大部分をメカニーさんに用意してもらいました。設備を入れてから、不思議と以前とは別の仕事も来るようになりがんばっております。
その他、数が多いオーダーが出てきているため新しい機械を導入しました。それによりスピードアップができました。シャーリングもサイズの違う2台の機械を使って効率を上げるようにしています。

Q.今後、伸ばしていきたい業務は?

A.技術を要する仕事が多く、機械だけに任せておくことができないです。新しいことも大切かもしれませんが、一つ一つの仕事を確実にいいものを作っていきたいです。

弊社への評価

Q.弊社から機械を購入していただき、良かった点や今後への期待は?

A.社長をテレビで見かけたこともあり、信頼しております。また、営業の橋口さんをはじめレスポンスよく対応してくれますので助かります。加工の知識や機械情報などが豊富なので、今後も何かあれば定期的に情報をいただきたいです。

メカニー担当者より

Q.地域のみなさんが頼りにしている会社です。

A.仕事をしていると、既製品だとできないことややりにくいことが出てきます。日田鉄工さんに連絡がとれないと、「ん~、困ったな」とつぶやいてしまう地域の方がおられると思います。
またインタビューの中で、「免許がいらない仕事でも、自分の技術は日々磨いていくことが大切」とのお話がありました。日々の仕事で技術を磨いていく部分と、国家資格取得など第三者に技術を評価してもらう部分の両方の面から自分自身を磨いていて成長しておられるとの印象を持ちました。

Q.日田鉄工へのお問い合わせは?

A.依頼したい業務や相談したいことなどがありましたら、077-547-2644(担当:メカニー 橋口)までお電話いただきたいと存じます。一度弊社でヒアリングさせていただきまして、先方にご連絡させていただきます。